要チェック!不用品回収業者にも回収できないものはあります

情報社会だからこそ回収してもらえないものがあります

個人や企業が特定される紙類は情報の宝箱

新聞や雑誌などの紙類は、不用品回収業者に預けるのではなく資源ゴミに出すのが望ましいです。
あるいは、可能ならばチリ紙交換に頼むとトイレットペーパーなどと換えてもらえるのでお得です。

しかし、個人情報が記載されている紙類に関しては慎重に扱わなければなりません。
職場やプライベートに関する情報は、漏洩すると様々なトラブルの元凶となってしまいます。
シュレッダーにかけるなどして、くれぐれも確実な方法で処分してください。

特に契約書や見積書などの重要紙類は、会社名が入っていたりする場合がほとんどです。
自分の情報だけではなく、企業に対して迷惑をかけてしまうという危険を孕んでいます。
このくらいなら大丈夫だろうという油断は捨て、一社会人としての自覚を忘れないようにしましょう。

CDやUSBメモリは内容確認が必須

昨今の情報化社会では、CDやUSBメモリなどで様々な情報を保存するのが主流となっています。
そのため、不用品回収業者では引き取り不可能ですので自分で処理してください。

CDは、個人情報が含まれているものなら自分の手で粉砕してしまえば間違いありません。
粉砕後は、一般的な燃やせないゴミと一緒に捨てることができます。
二つに折る程度で構いませんので、確実に第三者が閲覧できない状態にしましょう。

USBは中のデータを消去すれば再利用できますので、それが一番無難な方法です。
しかしどうしても処分したいのであれば、金づちなどで叩いて壊すのがよいです。
あるいはデータ消去を含めて無料回収してくれる業者もありますので、相談してみてください。


この記事をシェアする